• 042-760-1906
  • info@alpspaint.com
  • 相模原・町田|外壁塗装・屋根塗装

外壁塗装の基礎知識

BASIC_WALL

 

外壁塗装の際は「ひび」もチェックしましょう Part2

ひびの状態がわかった上で、その状況に合わせた補修方法や補修後の更なる経年劣化まで見通せるのが私たちの腕の見せどころ。今回は、さまざまな補修方法と補修のタイミング、材質の選びかたなどの基準を解説します。

Chapter1.
状態に合わせた補修法とは

どのような補修材を使用し、どの方法で補修するかはケースバイケースです。ひびの入り方、深さ、力のかかる方向などにより、どこまで不具合が起きているのか、ひびの深さ(浅い/深い)や長さ(短い/長い)も加味しながら考えます。

たとえば小さいひびが入っている場合は塗料が厚めにつくローラーを使用したり、シーリング(コーキング)材で充填したりしますが、大きくひびが入ってしまった場合は、周囲をカッターなどで切り開き、多めにシーリング(コーキング)材や樹脂を埋め込んだりします。住宅の構造も念頭に入れる必要があるため、施工は慎重におこないます。

Chapter2.
再度の劣化にも強い補修材をチョイス

ひびの補修は、いったん木部を乾燥させてから、もしくはひびの進行が収まってからーーなどなど、タイミングも重要。また、経年劣化とともに動きに追従する「弾性塗料」での施工をおこなうこともあります。

これは、再度劣化した際に入ったひびを最小限に食い止められる効果が期待できるため、外壁塗料の材料として、最近注目されています。新築時の状態になるべく近づけ、これ以上の劣化を防ぐためには必要なことといえるでしょう。

手が届く場所であれば、なんとなく素人でも補修ができてしまいそうに思われるひび。しかし、そこにはさらに適切な施工方法があるかもしれません。私たちアルプス塗装工業は、外壁塗装、屋根塗装の補修後もお客さまがずっと快適に過ごしていけるよう、最適なご提案をいたします。

お問い合わせはコチラ
前のページへ

 

外壁塗装の基礎知識

 

お問い合わせ

 

ホームプロ表彰 顧客満足優良会社

 

無料で診断、お見積もりを致します。

当社は外壁塗装・屋根塗装の専門工事会社です。

  • 神奈川県知事許可(般-26)第69352号
  • 〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名5666
  • フリーダイヤル: 0120-60-1906
  • 電話: 042-760-1906
  • ファックス: 042-760-1996

大切な家の塗り替え、FRP防水、消臭抗菌、遮熱断熱工事ならアルプス塗装にご相談ください。

弊社から車で概ね90分の範囲です。
詳しくはお問い合わせ下さい。

相模原・町田・厚木・海老名・座間・横浜・藤沢・綾瀬・平塚・八王子・日野・大和・秦野・伊勢原

ホームプロ表彰 顧客満足優良会社
協力店募集バナー
Copyright © (有)アルプス塗装工業 All rights reserved.
Designed by CORAL