• 042-760-1906
  • info@alpspaint.com
  • 相模原・町田|外壁塗装・屋根塗装

外壁塗装の基礎知識

BASIC_WALL

 

基礎部分の雨漏り跡が消えない場合

雨上がりに、基礎部分が濡れたままになっているということはありませんか。雨が吹きつけて一時的に濡れたとしても乾いてしまえば問題ありませんが、晴れた後もシミになって残ってしまっている場合は雨漏りが考えられます。
とはいえ、内部まで浸透しているかどうかはこれだけではわかりません。もしかしたら、外壁の下地と防水シートの間に隙間ができて、そこに雨水が入ってしまっている可能性があるからです。

Chapter1.
どうしてそうなるの? 簡単に補修できる?

原因としてはいろいろ考えられるのですが、サッシ取付時の歪みにより隙間が発生してしまうことが多いようです。
だからといって簡単に隙間を埋められるものでもなく、補修には場合によっては足場を組まなくてはいけないぐらいに大規模なものとなります。

Chapter2.
雨が上がってしばらく経ったらチェック!

リフォームをお考えの際、雨上がりの基礎周りは合わせて事前にチェックすることを強くお勧めします。「その分リフォーム代がかさんでしまうから気にしたくない」と思われる方も多いと思いますが、せっかくリフォームした後の耐久性等を考えると、足場を組む手間や費用などを考えた場合、同時期に施工した方が安心です。
もし、雨漏りしているのかご自身でわからない場合は、見積り等の段階でプロにチェックを依頼するのもよいでしょう。

私たちアルプス塗装工業もさまざまな外壁塗装のノウハウを活かしたご相談を承っております。

お問い合わせはコチラ
前のページへ

 

外壁塗装の基礎知識

 

お問い合わせ

 

ホームプロ表彰 顧客満足優良会社

 

無料で診断、お見積もりを致します。

当社は外壁塗装・屋根塗装の専門工事会社です。

  • 神奈川県知事許可(般-26)第69352号
  • 〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名5666
  • フリーダイヤル: 0120-60-1906
  • 電話: 042-760-1906
  • ファックス: 042-760-1996

大切な家の塗り替え、FRP防水、消臭抗菌、遮熱断熱工事ならアルプス塗装にご相談ください。

弊社から車で概ね90分の範囲です。
詳しくはお問い合わせ下さい。

相模原・町田・厚木・海老名・座間・横浜・藤沢・綾瀬・平塚・八王子・日野・大和・秦野・伊勢原

ホームプロ表彰 顧客満足優良会社
協力店募集バナー
Copyright © (有)アルプス塗装工業 All rights reserved.
Designed by CORAL