• 042-760-1906
  • info@alpspaint.com
  • 相模原・町田|外壁塗装・屋根塗装

外壁塗装の基礎知識

BASIC_WALL

 

外壁素材の種類と特徴

最近、我が家も古くなってきたな……。そろそろ塗り替えの時期かな?」と思うきっかけとなるのは、見た目が新築当初よりも劣化してきていると感じるからではないでしょうか。
しかし、自身で塗り替えるのは至難の業、屋根の塗装などはなおさらキケン! でも、施工業者のいいなりにはなりたくない……。

そこでまず、外壁塗装の基礎をおさえておきましょう。知らないより知っている方が業者とのコミュニケーションも円滑に進み、より適正価格に近づくのではないかと思います。

Chapter1.
外壁/屋根の役割

主に以下の役割があげられます。

  • ・雨風から守る耐候性
  • ・火災被害を最小限に抑える耐火性
  • ・騒音を押さえる遮音性
  • ・維持管理がしやすいメンテナンス性
  • ・見栄えを担うデザイン性

美観と機能性、いずれも兼ね備えなければならないのが外壁塗装の基本です。

Chapter2.
外壁の種類/特徴

サイディング

パネル状の外装壁材を貼りつける工法で、素材はメーカーによりさまざまですが、主に窯業系、金属系、セラミック系、樹脂系、木質系に分かれます。特に窯業系サイディングは、近年の木造建築における外壁塗装の主流と言えるでしょう。工場生産のため品質が均一で、なおかつ比較的安価、デザインも豊富なのが特徴です。他にも軽量気泡コンクリート(ALC)などがあります。

モルタル

セメントと砂を混ぜて練ったもので、施工が容易でコストパフォーマンスがよいのが特徴です。かつて「住宅の外壁塗装といえばモルタル」というぐらいスタンダードな工法。模様の造り方や性能によって種類が分かれますが、いずれも強度があり耐火性に優れています。

タイル

土や石を粉砕して成形し、高温で焼き固めた外壁材です。吸水率により陶器質、磁器質、せっ器質の3種類に分かれますが、外壁で使うのは吸水率の低い磁器質とせっ器質です。価格は高いものの高級感と重厚感が増し、汚れがつきにくくメンテナンス費用も少なく済むのが特徴です。

レンガ

粘土や鉱石を粉砕して練り固め成形し、乾燥、焼成してつくられるのがレンガ。日本は地震が多いため、建築基準法によりレンガを構造体として使用することはできません。鉄筋コンクリート造や鉄骨造の外壁として、またはレンガタイルとして外壁に使われます。

Chapter3.
外壁塗装を選ぶときのポイント

納得のいくまで、いっしょに検討しましょう!

主に

  • ・耐久性
  • ・メンテナンスのしやすさ
  • ・お好みの外観

この3点が重要となります。アルプス塗装工業では、お客さまの予算に合わせつつこれらの条件を満たした外壁塗装のご提案をいたします。

前のページへ

 

外壁塗装の基礎知識

 

お問い合わせ

 

ホームプロ表彰 顧客満足優良会社

 

無料で診断、お見積もりを致します。

当社は外壁塗装・屋根塗装の専門工事会社です。

  • 神奈川県知事許可(般-26)第69352号
  • 〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名5666
  • フリーダイヤル: 0120-60-1906
  • 電話: 042-760-1906
  • ファックス: 042-760-1996

大切な家の塗り替え、FRP防水、消臭抗菌、遮熱断熱工事ならアルプス塗装にご相談ください。

弊社から車で概ね90分の範囲です。
詳しくはお問い合わせ下さい。

相模原・町田・厚木・海老名・座間・横浜・藤沢・綾瀬・平塚・八王子・日野・大和・秦野・伊勢原

ホームプロ表彰 顧客満足優良会社
協力店募集バナー
Copyright © (有)アルプス塗装工業 All rights reserved.
Designed by CORAL